歯列矯正,インプラント治療,審美歯科等のご相談は、大阪市大正区の歯医者の小野歯科医院へ。

アクセス
訪問診療のご案内
ご高齢で寝たきりの方や足の不自由な方など、通院が難しい方には、歯科医師が直接ご自宅や病院・介護施設等にお伺いする訪問診療を行っております。
 
小野歯科医院の日常ブログ
すまいるキッズクラブ
ポリリンホワイトニング
3DCT完備
スタッフ募集中
小児歯科
 
小児歯科とは
小児歯科

子供の虫歯について「子供の歯だから虫歯になっても大丈夫」、「どうせ歯医者に行っても嫌がるだけだから」とお考えではないでしょうか?
大人の歯の治療ももちろん大切ですが子供の歯の治療やむし歯予防にはもっと大切な意味があります。
歯科の治療では『歯はできるだけ削らない、抜かない』ことはとても大切になります。それは、「1度削った歯は決して元通りにはならず、健康な歯よりも虫歯リスクが高くなる」からです。
大人の虫歯治療の約半数は、「以前に治療した歯が再び虫歯になった」や「詰めものが外れた」など、治療した歯の不具合です。最初はちょっと削って詰めた歯も、やがて金属の詰めものになり、金冠をかぶせるようになり・・・こうして歯の寿命はどんどん短くなってしまいます。

私たちは『子どもの頃の虫歯予防や治療は歯の寿命を大きく左右する』と考え、予防に力を入れて可能な限り虫歯ができない環境づくりを心がけています。

 
 
子供の歯の虫歯を放っておくと…
痛みがでる
咬めなくなるといった大人の歯でもおこる症状の他に…
大人の歯の出来が悪くなる
「子供の歯の下の顎の骨の中には大人の歯がすくすくと成長しています。
万が一子供の歯に大きな虫歯があると大人の歯の成長に悪影響を及ぼしてしまいます。」
大人の歯の歯並びが悪くなる
「子供の歯には大人の歯がはえてくるためのスペースを確保しておくとい大切な役割があります。
子供の歯に大きな虫歯があったり早期にぬけてしまったりすると大人の歯の出てくるスペースがなくなってしまいがたがたの歯並びになってしまいます。」
発熱などの全身症状
「子供は大人と比べて免疫力が弱いためむし歯からでも高熱を出してしまう場合もあります。
大きなむし歯が原因で点滴や入院が必要になることもありますので早めに対応することが大切です。
 
 
虫歯の発生メカニズム

虫歯はどのように起こるのでしょうか? 簡単に虫歯の発生メカニズムを説明すると・・・・

虫歯菌が砂糖から粘着性の物質を作り出して歯の表面にくっつきます。
さらに砂糖から酸性の物質を作りだして歯の表面にむけて分泌します。
歯の耐酸性を上回る量の酸が分泌されて歯の表面が溶け始めます。
歯が溶けてできた穴の中に虫歯菌がくっついてさらに深部を溶かし始めます。

現在ではどのように虫歯ができるのかということが分かっていますのでもちろんどうすれば虫歯を防ぐことができるかということも分かっているといえます。
当院では虫歯の発生論を根拠とした予防法を提案し、お子様の歯を虫歯から守ることを第一に考えた診療を行っています。

むし歯の原因

この図はKeyesの輪と呼ばれる虫歯の発生原因を表した模式図です。
虫歯は

お口の中に虫歯菌がいる(数が多い、菌の活性が強い)。
虫歯菌の餌となる砂糖を含む食べ物が口の中にある。
歯の耐酸性が弱い。
1~3の環境にある時間が長い。

といった4つの悪い条件が重なった場合(図中の星印)におこると考えられます。
そのため虫歯を予防するには、それぞれの輪を小さくしてあげるように工夫してあげることが効果的です。

当院では3~4か月ごとに定期検診を行っており、お口の中の虫歯菌の数を少なくするための正しい歯磨き方法の指導、虫歯の発生を抑制するための食習慣指導をはじめ、お子様の歯を強くするためのフッ素塗布や予防処置を行いながら可能な限り虫歯の発生を予防できるようにつとめることでお子様に歯医者に慣れていただくこともできるよう配慮しております。
また、不幸にも万が一虫歯ができてしまった場合にも早期発見することでお子様の治療によるストレスや大人の歯への影響も最小限に抑えることができると考えております。